髪をいたわる

上手な頭髪ケア

髪をいたわる header image 2

シャンプー剤の髪にいい、正しいへの湿布方法

2015年08月03日 · コメント(0) · 未分類

頭髪でお悩みの方は世の中にたくさんいらっしゃるかと思います。一昔前に比べて、薄毛、抜け毛で悩む方は上昇の一途をたどっており、その特徴も老若男女に分かれ多様化しております。抜け毛、薄毛は主に50歳前後の男性を中心とした悩みでしたが、最近では20代の男女でも気にする方が増えています。それに合わせてヘアケア用品の市場も広がり、多くの医薬品メーカーがしのぎを削りながら新商品を投入しています。確かに日々の研究により頭髪に対するメカニズムや有効成分の発見など進歩している面もあるのですが、意外と見落とされがちなのがシャンプーの使い方、つまりは間違った洗髪方法です。シャンプーの付け方、泡立て方、頭皮のほぐし方、洗い流し方を間違うとかえって逆効果になると言われています。シャンプーの泡は洗い残すと頭皮に生息する微生物の格好のえさとなり、悪臭の発生、腐敗による細菌の増殖に繋がります。その結果、かゆみを生んだり、フケ、脂分の発生から毛根を詰まらせて抜け毛へと繋がってしまうのです。そこで洗い方ですが、こちらは有効成分の内容にもよりますが、付けすぎは厳禁です。手のひらにワンプッシュで出る量を適量としてください。最近の商品は適量が出るように設定されているので容量を守って使用して下さい。次にある程度、手の中で広げ、泡立ててから頭に被せるイメージが大切です。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。