髪をいたわる

上手な頭髪ケア

髪をいたわる header image 2

髪を傷めない泡のすすぎ方とマッサージ方法

2015年08月03日 · コメント(0) · 未分類

髪を洗って乾かすまでに大切なのは、しっかりと十分に髪をすすぐことです。
正しい髪のすすぎ方は、まず毛髪についた泡をシャワーで洗い流し、その後頭皮を洗い流します。
この頭皮を洗い流す時がポイントで、すすぎ方によっては洗い残しが出てしまいます。
髪の生え際、襟足、耳の後ろなどは念入りにすすぐ事が大切です。
このすすぎ残しがあると、髪を洗ったのにかゆみが残ったり、地肌を傷める原因になってしまいます。
すすぐ時には、シャワーを色々な角度から地肌に当てるようにして洗います。
そして、すすぐ時間は洗う時間の約3倍必要だと言われています。
また、洗う際には指の腹を使って頭皮を動かすようにマッサージすると血行が良くなり薄毛の対策にもつながります。
この時、シャンプーは良く泡立ててから髪につけるようにします。
髪につけてから泡立てると摩擦がかかってしまい、髪を傷める原因になってしまいます。
すすぐ際にはシャワーヘッドを地肌に当て、水圧でマッサージするように洗うか、洗う時と同じように指の腹を使ってマッサージしながらすすぎます。
洗い上がりはタオルドライした後、ドライヤーを20センチ以上離して乾燥させます。
余り近づけ過ぎると髪を傷める原因になります。
長い時間濡れた状態で放置しておくとキューティクルがはがれやすく、頭皮の血行も悪くなるため、自然乾燥は避けた方が良いです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。