髪をいたわる

上手な頭髪ケア

髪をいたわる header image 2

ヘアケア用品のつけ方のコツ

2015年08月03日 · コメント(0) · 未分類

ビューティー24ヘアケア用品は髪に栄養を与えて艶をだしたり、ダメージを補修したり、まとまりをよくして扱いやすい髪にするなどの効果がありますが付け方を間違えると髪や頭皮に悪影響を与えることもあります。
髪は毛先に向かってダメージが強くなるため、トリートメントなどのダメージ補修アイテムは髪の長さの真ん中から毛先までを中心に付けるようにします。
商品説明に頭皮にも使用してもよいと書いていなければ、頭皮にはできるだけ付着しないようにしなければなりません。
トリートメントなどには油分が多く含まれているため、毛穴をふさいだり頭皮にニキビや湿疹ができたり、かゆみをおこす原因となったり、トップがぺたんとしたスタイルになってしまいます。
付ける際には髪にまんべんなくつくように手に取ったものを直接髪につけるのではなく、一度手のひらに伸ばしてから使用します。
一回分の使用量を一度につけようとするのではなく、少しずつ手にとり髪をいくつかのパーツにわけて付けると全体に同じ量がいきわたるようになります。
付けたあとに目の粗いコームでとかすとすべての髪にいきわたりやすくなります。
全体に付け終わった後にはダメージのひどい毛先に残った分をさらにもみこむようにしてつけるとより効果的です。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。